IPアドレス

調剤薬局事務の資格取得方法。

調剤薬局事務  資格取得のメリット

 

調剤薬局 とは、病院で診察を受けた後、

 

発行された 「処方せん」 に基づいて薬を調剤して渡してくれる所です。

 

「処方せん受付け」 「調剤薬局」「保険調剤」などの表示がある薬局が

 

調剤薬局といわれ、ここが 調剤薬局事務 スタッフ活躍の場なのです。

 

 

 

         〜 調剤薬局事務の資格取得のメリットについて 〜

 

そこには80年代から始まった医療改革に始まり、徐々に国の後ろ盾を強めながら

 

改革が進んできた現代から、今に至るまでの社会的背景が

 

大きく関わっているのです。

 

 

 医薬分業という大きな背景

 

 

医薬分業 とは 「患者の診察や治療は医師が行い薬の調剤は薬剤師が行う。」 

 

ということを意味します。

 

そして、その 医薬分業 の目的は大きく分けて、2点に集約されます。

 

まずは、その概要をまとめてみました。

 

 

 

 

 

 

 医師と薬剤師による処方内容のダブルチェックにより薬の適正な使用を確保する。

     


  医師が処方した処方内容を薬剤師がチェックすることで、重複投薬、薬の相互作用などが
  発見されやすくなります。

 

  また、患者の症状、訴えと処方内容が不一致である・・・等々、疑義照会すべき点があった
  場合なども薬剤師が即座に医師に確認し、処方ミスを未然に防ぐ事が出来るのです。

 

  その結果、医薬品の適正使用が確保でき、患者にとってはより安心して薬を服用できる
  という事になります。

 

 

                                  詳しくは・・・( 薬剤師法第24条規定 )

 

 

 

 

 

 

 医薬品に関する情報の公開

 

  医薬分業がなされてなかったころは、患者は医者からもらった薬を言われたとおりに
  服用するだけで医薬品名はほとんど分かりませんでした。

 

  しかし、医薬分業が進んだ現代では処方せんを調剤した薬局において、薬の説明、
  患者に対して行おうとする薬物治療の内容、その必要性、そして副作用の可能性などに
  ついて説明し患者の合意や理解を得て薬を渡すようになりました。

 

  そうすることで、調剤薬局では調剤した薬剤の適正な使用のために必要な情報を患者に
  提供することができ、患者側は自分の症状に対しての薬の知識を、しっかり自分自身で
  持てる様になったということになります。

 

                                 詳しくは・・・( 薬剤師法第25条規定 )

 

 

 

 

 

 

「医薬分業」 の意味や目的は分かりましたよね。       
現代では、国の政策として

 

患者の診察や治療は医師が行い

 

薬の調剤は薬剤師が行う。 

 

という医薬分業が年々推進されているのです。


 

 

その結果、ここ数年で「 調剤薬局 」の数はどんどん増えてきました。

 

それに伴い、薬剤師をサポートする調剤事務の需要も当然増え

 

資格取得は、これからまだまだ就職、転職に大きなメリットとなり得ます。

 

 

また、高齢化社会が続く日本においては、増えはしても

 

決して無くなる事のない、不況の中でも強い!と言われる医療系の

 

職業に就ける大きなチャンスともなるのです。

 

 

特に女性には、これから就職活動するにも再就職に備えるも

 

数多くのメリットがあるといえるのが 調剤薬局事務なのです。

 

 

 

 

 

資格取得のメリット

 

 

 

   色々な雇用形態があるので、結婚や出産をしても働ける。

 

   子供や家族の健康管理に知識を活かせる。

 

   週何日、短時間など、ライフスタイルに合わせて働くことができる。

 

   薬や保険のしくみなどが学べ、知識が生活の中で役立つ。

 

   パートや月末だけの勤務など、家事と育児の両立が出来る。

 

   学歴不問、未経験者がゼロからできる。

 

   再就職がしやすい

 

   初心者にも資格が取りやすい。

 

 

 

 

 

 

さて・・・

 

調剤薬局事務の仕事は資格がないと仕事ができないわけではありません。

 

しかしそれなら何故、資格を取得した方がいいと、言うのでしょうか?

 

 

それは・・・

 

 

就職、転職を考え、それを行動に起こす時には、必ず面接を受けることになりますよね。

 

そんな時、資格を持っていれば、自分を売り込むチャンスがグッと多くなるからなのです。

 

 

 

少し、極端なお話をします。

 

 

 

  ◎  仮に、自分が雇い主側の立場になったとして想像してみてください。

 

 

     今日は2名面接に来ました。 今回雇用する予定人数は1名です。

 

     その2名は、パソコン入力もほどほど出来、接客経験もあり愛想もよく
     勤務可能日数など、各条件がほぼ同じでした。

 

     ただひとつだけ違ったことは

 

     1人は 調剤薬局事務の資格を持っていること。

 

     そして、 もう1人は資格を持っていないということ。

 

 

 

     さて、あなただったらどちらを採用したいと思いますか?

 

 

 

極端な話だとは思いますが、全く有り得ない話ではありません。

 

 

 

皆さんはおそらく、 「資格を持っている方」 と答えるのではないでしょうか?

 

 

 

要するに、資格を持つことで、 自分を売り込める武器が増える! 

 

という事に繋がり、大きなメリットとなるわけです。

 

 

 

調剤薬局事務の資格取得方法

 

 

 

調剤薬局事務の資格を取ることのメリットは、もうお分かりですね。

 

 

 

 

 

そこで、次に 

 

調剤薬局事務の資格を取得する方法をお話します。

 

 

 

もちろん、最寄に専門学校があるから学校へ行く!というのもいいでしょう。

 

しかし、調剤薬局事務の資格は 民間資格 です。

 

 

 

通うまでもないし、費用がもったいない!と思ってる人。

 

仕事をしながら資格を取りたい!

 

育児をしながら将来に備えてたい!

 

空いた時間を使って資格を取りたい! 等々・・・

 

 

 

時間を有効利用し、自分のペースで、しかも確実に資格が取りたい!

 

という方には是非 「 通信講座 」 をおススメします。


 

 

 

初心者にも取りやすい資格とはいえ、やはり独学ではかなり難しいのが現実です。

 

 

ちなみに・・・

 

2010年度合格率は58.4%

 

2011年度合格率は52.7% と、なっており

 

受験者の5〜6割が合格できることになります。

 

 

 

この合格率からいくと、合格者数の割合は高い方だといえます。しかし油断は禁物!

 

 

 

 

この合格者の中には、「医療事務の資格をすでに持っている人」

 

また資格は持っていないが「すでに調剤薬局での職場経験がある人」など

 

何らかの経験者が多く含まれているのです。

 

 

 

 

 

ゆえに、まったくの未経験者が、独学での資格取得を目指すのは難しい

ということになるわけですね。

 

 

 

 

 

調剤薬局事務の通信講座の中には、実務経験者向けの講座もあり

 

自分の経験やライフスタイルなどにより、選ぶ通信講座が少し違ってくるので

 

初心者は特に通信講座選びを慎重に行う必要があります。

 

 

 

 

 

当サイトでは、特に 初心者向けの通信講座 をいくつか紹介しています。

 

 

 

 

 

まずは、資料請求し、自分にどの講座が合っているのか、よく吟味する。

 

そこから始めることで、無理なく安心して 

 

調剤薬局事務資格取得への第一歩! が

 

踏み出せるのです。

 

 

 

 

 

 

当サイトおススメ!  調剤薬局事務  通信講座

 

そこでそんな、経験「ゼロ」から始める!という方に当サイトのおススメ通信講座をご紹介!!

 

 

 ユーキャンの調剤薬局事務講座

 

 

みなさんCMでもご存知のとおり、ユーキャンでは『100講座以上』の通信講座があり
多くの人の生活をサポートしています。
特に、医療関係は人気講座のベスト5位以内に入っていて、多くの利用者が
いるという点でも安心して受講することが出来ると考えます。

 

 

しかしながら、経験「ゼロ」からのスタートとなれば、薬、保険の知識、専門用語等々
不安材料は大きいですよね。

 

 

ユーキャンの調剤薬局事務講座では、そんな不安を払拭すべく初心者向けにテキストを

構成していますから、図や解説が分かりやすく丁寧なものとなっていて
初心者でも安心して取り組むことができます。
学習意欲が湧くと評判のテキストサンプルはこちら!

 

 

そして、この講座の大きな特徴として

 

 

 

 

「教育訓練給付制度の対象講座になっている」

※ 働きながら学習する方を国が支援する仕組みで、期限内に課題をすべて提出するなど
   一定の条件を満たすことで、利用することが出来ます。利用条件など詳細はユーキャン

 

 

「技能認定試験を在宅で受験できる」

 

「個別サポートが充実」

 

「受講後、就職活動までサポート」

 

「教材到着後、8日以内であれば返品できる」

 

「受講生専用オンラインがあり、動画説明や復習にぴったりなお手軽WEBテストなど
お役立ちコンテンツが受講生であれば無料で利用できる」

 

「調剤報酬点数など、法律の改正が合った場合、追加資料が配布される」

 

「メインテキストはたったの2冊!難しい用語はもちろん、簡単な用語から手厚く解説!」

 

「安心の無料資料請求。電話勧誘などはありません」

 

受講料 39,000円 ※分割払いあり
標準学習期間 4ヶ月
無料サポート期間 受講してから12ヶ月
受験する資格 調剤事務管理士

 

上記のように手厚いものとなっていて、「4ヵ月後には即戦力!」になれるよう
効率よく学べる講座となっています。

 

 

      ユーキャンの調剤薬局事務講座 簡単!無料資料請求はこちら

 

                               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒューマンアカデミーの調剤薬局事務講座
       

 

やはりこの講座も個人サポートが充実しており「経験ゼロ」からはじめられる
初心向けとなっています。現場で使用されているコンピュータを再現したソフトも学べます。

 

 

「医療保険調剤報酬事務士試験を在宅で受験できる」

 

「ほとんどの調剤薬局で導入されている調剤事務ソフト調剤OXRYUを再現したソフトで学べ
パソコンが苦手な人も安心」

 

「毎年見直される法改正に迅速に対応する」

 

「個別サポートが充実、経験豊富な『たのまな』アドバイザー51人にも直接、個別相談できる」

 

「最寄に校舎があれば、各地の最新情報や求人情報などアドバイスサポートをしてくれる」

 

「合格保証付きの制度があり、3回受験ののち不合格の場合、受講料全額返金か
サポート期間延長のどちらかを選ぶことができる」

受講料

38,000円 ※分割払いあり

 

★ 調剤報酬事務ソフトなし講座 26,500円

標準学習期間

3ヶ月 

 

★ 調剤報酬事務ソフトなし講座 2ヶ月

無料サポート期間 受講して6ヶ月(最長12ヶ月)
受験する資格 医療保険調剤報酬事務士

 

    ヒューマンアカデミーの調剤薬局事務講座 簡単!無料資料請求はこちら

 

                              

       

 

                     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ニチイの調剤薬局事務講座

 

 

約40年の医事教育実績を持つニチイは一般財団日本医療教育財団認定資格
「調剤報酬請求事務技能認定」の取得を目指せます。
全国で通用し、履歴書にも書けるので転職時の強い味方に!

 

 

 

 

「 一般財団法人日本医療教育財団が認定する実践的なカリキュラムを使用」

 

「在宅で修了試験合格後、申請手続きを行うと『調剤報酬請求事務技能認定』資格を
取得できます」

 

「通信コースの他に(通学コースはもちろん)通学コースと通信コースのイイトコ取り!
Webカレッジコースがあり自分にあったコースが選べる」

 

「およそ40年の医事教育を展開してきたニチイのノウハウがつまったオリジナルテキストで
実践的なスキルと知識を学べる!」

 

「受講期間中2回まで、通学コースの講義に参加できます」

 

「各種、割引制度あり!」

受講料 35,000円(通信コース) 

40,000円 (Webカレッジコース) ※分割払いあり

 

標準学習期間 4ヶ月
無料サポート期間 標準学習期間後4ヶ月
受験する資格 調剤報酬請求事務技能認定

 

  ニチイの調剤薬局事務講座  簡単!無料資料請求はこちら               

 

                              

                  

 

 

 

 

 

 

 

『 自分自身にどの講座が合っているのか、よく吟味する。』そこから始めることで、

無理なく安心してスタートできるのです。

 

調剤薬局事務資格取得への第一歩!まず踏み出しましょう!